ホーム > 事業のご紹介 > 電気事業 > 自動絶縁診断システム(絶縁診断車)


自動絶縁診断システム(絶縁自動車)

自動絶縁診断システム(絶縁自動車)

『10年、20年と働きつづけてきた高圧電動機は、多種多様なストレスによりトラブルが発生しやすくなっています。そのトラブルの多くは「固定子の絶縁破壊」がしめています。そこで、弊社では自動絶縁診断システムを用いて絶縁層の劣化状態を調べ、お客様の保守管理業務への適正なアドバイスを行なっております。』

試験内容

メガー試験

  • 1000Vメガー

直流高電圧試験

  • 漏洩電流試験

交流高電圧試験

  • 交流電流試験
  • 部分放電試験
  • 誘電正接試験

特徴

  • 診断用配線類の長さは約100mです。
    診断車の進入が困難な場所でも、その範囲内であれば対応可能です。
  • 自動絶縁診断システムにより、交流高電圧試験は、1回の試験電圧印加ですべての試験を同時に行ないます。
  • 試験時間の目安は、電動機1台あたり2時間程度です。
  • 診断の対象は、3kV及び6kV級の電動機です。
  • 良・否判定は、各試験結果に対する個別判定のほかに、全ての結果を加味した総合判定も行ないます。
  • パソコンを用いて解析しますので、診断結果を その場でご覧いただくことができます。

このページのトップへ