ホーム > 事業のご紹介 > 計装制御事業 > バッチスタビライザー


バッチスタビライザー

バッチスタビライザー

ベテラン運転員のノウハウを自動化し、品質向上を実現!

バッチスタビライザーの概要


バッチスタビライザーの特徴

    化学工場向け バッチ反応温度制御システム

      特許ロジック (*)

    • バッチ反応温度制御は、反応器内の温度検出と、特許ロジックを用いたジャケット冷却水の流入操作により行われます。

        (*) 特開平11-134023 プロセスの自動制御装置

        本特許は、三菱化学エンジニアリング株式会社が所有していますが、株式会社三鈴エリーがその使用許諾を得て、提供するものです。

      ベテラン運転員に学んだ制御方式

    • 特許技術であるこの制御方式は、ベテラン運転員の操作に学んだ制御方式で、これまで反応器の温度調節を、運転員の手動操作に任せていた現場の省力化と、工程の安定化による製品品質の向上をもたらします。

      銘柄管理機能による多品種生産対応

    • 反応熱の異なる品種ならびに工程に関しては、品種毎ならびに工程毎に制御パラメータを設定可能なプログラム制御対応の銘柄管理機能(オプション)を用いることにより、多品種生産をカバーします。

      安全設計

    • 異常発熱等の反応異常に対する急冷ロジックも、標準搭載されています。

      エコロジー・環境

    • この制御方式は、反応熱に見合う徐熱を基本的な考え方としていますので、使用される冷却水の水量は最少となり、省エネ・環境に配慮した地球にやさしい制御方式です。

      ハードを選ばない制御ソフトウエア

    • バッチスタビライザーは、制御ソフトウエアです。 従ってプログラマブル温度調節計からPLC、DCS等の大型制御装置まで、 銘柄管理機能の有無等、システム規模に応じたハードウエアの選択が可能です。

      既存設備でのテストが可能

    • テスト装置を用意しており既存設備でのテストが可能です。
      テストご依頼につきましては「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。
バッチ反応缶運転監視図

    食品工場向け バッチ醗酵温度制御システム

      特許ロジック (*)

    • バッチ醗酵温度制御は、発酵タンク内の温度検出と、特許ロジックを用いたジャケット冷却水の流入操作により行われます。

        (*) 特開2001-299327 回分式発酵プラントにおける温度制御方法

        本特許は、三菱化学エンジニアリング株式会社が所有していますが、株式会社三鈴エリーがその使用許諾を得て、提供するものです。

      ベテラン運転員に学んだ制御方式

    • 特許技術であるこの制御方式は、ベテラン運転員の操作に学んだ制御方式で、これまで醗酵タンクの温度調節を、運転員の手動操作に任せていた現場の省力化と、工程の安定化による製品品質の向上をもたらします。

      銘柄管理機能による多品種生産対応

    • 醗酵熱の異なる品種ならびに工程に関しては、品種毎ならびに工程毎に制御パラメータを設定可能なプログラム制御対応の銘柄管理機能(オプション)を用いることにより、多品種生産をカバーします。

      エコロジー・環境

    • この制御方式は、反応熱に見合う徐熱を基本的な考え方としていますので、使用される冷却水の水量は最少となり、省エネ・環境に配慮した地球にやさしい制御方式です。

      ハードを選ばない制御ソフトウエア

    • バッチスタビライザーは、制御ソフトウエアです。 従ってプログラマブル温度調節計からPLC、DCS等の大型制御装置まで、 銘柄管理機能の有無等、システム規模に応じたハードウエアの選択が可能です。

      既存設備でのテストが可能

    • テスト装置を用意しており既存設備でのテストが可能です。
      テストご依頼につきましては「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。
運転監視画面(アナログ制御)

    医薬品・化粧品工場向け バッチ晶析温度制御システム

      特許ロジック (*)

    • バッチ晶析温度制御は、晶析を行うタンク内の温度検出と、特許ロジックを用いたジャケット冷却水の流入操作により行われます。

        (*) 特開2001-300204 回分式晶析装置における温度制御方法

        本特許は、三菱化学エンジニアリング株式会社が所有していますが、株式会社三鈴エリーがその使用許諾を得て、提供するものです。

      ベテラン運転員に学んだ制御方式

    • 特許技術であるこの制御方式は、ベテラン運転員の操作に学んだ制御方式で、これまでタンクの晶析温度調節を、運転員の手動操作に任せていた現場の省力化と、工程の安定化による製品品質の向上をもたらします。

      銘柄管理機能による多品種生産対応

    • 晶析温度の降下カーブが異なる品種に関しては、プログラム制御対応の銘柄管理機能(オプション)を用いることにより、多品種生産をカバーします。

      ハードを選ばない制御ソフトウエア

    • バッチスタビライザーは、制御ソフトウエアです。 従ってプログラマブル温度調節計からPLC、DCS等の大型制御装置まで、 銘柄管理機能の有無等、システム規模に応じたハードウエアの選択が可能です。

      既存設備でのテストが可能

    • テスト装置を用意しており既存設備でのテストが可能です。
      テストご依頼につきましては「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ