ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 通信技術応用システム > ポンプ所遠隔監視システム


ポンプ所遠隔監視システム

ポンプ所遠隔監視システム

遠隔地のポンプ所のデータを集中監視!

概要

  • 遠隔地にあるポンプ所の受水量、送水量、濃度等のデータを定時収集。
  • ポンプ停止、停電等の異常信号を自動通報。
  • リアルタイム、ヒストリカルの2種類のトレンド機能。
  • 日報、月報の自動集計。

導入効果

  • 遠隔地の状態が集中監視出来るようになった。
  • 機器傷害に対して迅速に処置出来るようになった。
  • 人件費削減。

システム概要

システム構成図

機能

  • 約100ヶ所のポンプ所を集中管理。
  • 公衆電話回線網を使用した為、インフラ構築費用がほぼ0。
  • 1日に1回定時収集するが、手動でのリアルタイムモニタも可能。
  • 収集データはMOに保存。
  • 異常点数:24点

このページのトップへ