ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 画像処理システム > 赤外線カメラ応用温度監視システム


赤外線カメラ応用温度監視システム

赤外線カメラ応用温度監視システム

課題

  • 材料加工または組み立て時の製造不良原因を熱という観点で見たい。
  • 熱画像を製造番号などの情報と紐付けて記録したい。
  • 熱画像を結合し動画として見ることで、温度変化を視覚的に見たい。

導入効果

  • 不良製品発生時に製造番号を条件に熱画像が直ぐに検索できます。
  • 不良製品付近の動画を見ることで温度変化が容易にわかります。(面での温度観測)
  • 点温度表示・トレンドや領域トレンドなど解析機能があります。
  • 設定温度を超えた場合にアラームを出すことで、異常が直ぐにわかります。

システム構成例




このページのトップへ