ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 小分、投入事故防止システム > QITEC販売、導入


原料の計量・配合ミスや誤投入を防止するQITEC販売、導入

手作業が多く、ミスを起こしやすい『小分け』と『配合』工程。2次元コードラベルを使用した作業チェックで、人為的ミス を未然に防止!
手作業が多く、ミスを起こしやすい『小分け』と『配合』工程。2次元コードラベルを使用した作業チェックで、人為的ミス を未然に防止!


原料の計量・配合ミスや誤投入を防止するQITECの概要

    QITECは原料の計量(小分け)工程における計量ミス、配合工程における誤投入などのミスを防止するとともに、原料や製造過程の情報が追跡可能なトレーサビリティーを実現する製造・生産管理システムです。


    原料計量(小分け)工程では、製造バッチ(レシピ)毎の原料配合量を自動計算して2次元コードラベルを発行し、計量前にチェックを行うことで計量時の指示・目盛りの読み違いなどのミスを防ぎます。 配合工程でも2次元コードラベルによるチェックをするため、配合忘れ・原料間違い・配合順間違いなどの誤投入を防止します。


    また、すべての作業実績はQITECに収集・蓄積されるため、トレーサビリティを実現します。


    QITECは食品工場以外の原料計量・配合工程にも対応しています。

原料の計量・配合ミスや誤投入を防止するQITECの特徴

    あらゆる人為的ミス撲滅

  • 製造バッチ毎の原料配合量を自動計算することにより、配合量の計算間違いのミスが起きないようになります。
  • 2次元コードラベルによるチェックで、小分け時の原料間違いや配合時の配合忘れ・原料間違い・配合順間違いを防ぎます。
  • 秤との通信により、計量ミスを防止すると共に製品の品質安定化を実現できます。

  • 期限切れ原料使用防止

  • 2次元コードラベルによるチェックで、小分け・配合時の賞味期限切れ原料が誤って使用されることを防止します。

  • トレーサビリティを実現

  • 作業実績を記録することにより、万一の事故発生時にも迅速な原因究明が出来るトレーサビリティを実現できます。

原料の計量・配合ミスや誤投入を防止するQITECのシステム概要

原料の計量・配合ミスや誤投入を防止するQITECのシステム構成例


このページのトップへ