ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 小分、投入事故防止システム > 投入ミス防止システム


一般製造工場向け投入ミス防止システム

一般製造工場向け投入ミス防止システム

『容器に投入できる原料・製品をマスター化し、照合結果が合致しないと窯の蓋が開かないように投入ミス防止を実現!』

課題

  • 間違った原料・製品を投入してしまう時があり、もし間違えて投入すれば膨大な損害が発生する
  • 原料の先入れ先出しができていない為古い原料より新しい原料を先に投入してしまうことがある
  • どこに何の原料・製品が置かれているのかわからない為、無駄な(探す)時間が発生している

導入効果

  • 間違った原料・製品を投入しようとしても、蓋が開かない制御を行う事により投入ミス防止を実現した
    間違い情報を音声で流す事により、作業し易い環境を作る事ができた
  • 原料の受入管理を行う事により、先入れ先出しができる様になった
  • 原料・製品の置場管理を行う事により一目で置場所がわかる様になり、探す時間が削減された

システム構成例


このページのトップへ