ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 小分、投入事故防止システム > ポカヨケ確認システム


ポカヨケ確認システム

ポカヨケ確認システム

組み立て工場における部品の組み付け間違いを防止するシステム。バーコードを用いて部品の確認を行うとともに、生産数、進行状況の表示を行う!

概要

  • 毎日の決まった作業で、人間のミス、間違えを防止して製品の信頼をあげる事ができる。
  • 異品種の混合、入り数、組付ミスをチェックすると共に実績を集計して日報を作成する。

導入効果

  • 部品を組み付ける時のポカヨケ実現。
  • 作業者が安心して組み立てに専念できる。
  • 生産・進行状況が事務所で確認できるとともに生産日報の作成が簡単。

システム概要

システム構成図

動作概要

  1. 組み立て作業指示書のバーコードを読むと、組み付け部品データが管理パソコンから取り込まれる。
  2. 組み付け作業前に準備した部品のバーコードを読み、指定された部品であるかの確認が行う。
    間違っている場合および部品不足で組み立てを開始した場合は、警報を発する。
  3. 組み立てを開始。完成品の数をカウントし、予定数に達したら、その旨を表示。作業終了の入力を行うと、プリンターに結果をプリントアウトし、完成品に添付。
  4. 組み立て中は、その内容と完了数および進捗状況をパソコン上に表示。
  5. パソコン1台で、20台のコントローラーを管理。

このページのトップへ