ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 生産・製造管理システム > 金属製造会社向生産管理


金属製造会社向生産管理

金属製造会社向生産管理

『ホストと製造現場の連結により生産稼動進捗状況の可視化を実現し、生産性・作業効率・設備稼動率アップを実現!』

課題

  • 過剰生産・不足生産が発生し、かつ生産進捗状況が即座にわからない為、段取替時間が遅れて作業効率が悪い
  • 製造パターンの手入力により、作業効率が悪くミスが多い
  • 設備稼動率を上げたいが、対策案がわからない

導入効果

  • 計画数に達すれば設備を停止させる事により、計画通りの生産ができる様になった。進捗状況及び次計画を表示する事により、段取替時期が即座にわかる様になった
  • 製造パターンを自動渡しする事により作業効率アップ・ミスが無くなった
  • 停止要因をつかむ事ができた為、対策がうてる様になり、稼動率及び生産性がアップした

システム構成


このページのトップへ