ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 生産・製造管理システム > 部品加工工場向稼働管理


部品加工工場向稼働管理

部品加工工場向稼働管理

『設備からの信号収集を実現し、設備の停止要因把握と対策・生産計画に基づく正確な実績をリアルタイムに収集し、設備稼動率・作業効率アップを実現!』

課題

  • 設備稼動率を上げたいが、対策案がわからない
  • 生産進捗状況が即座にわからない為、営業からの納期問合せに即座に回答できない
  • 生産実績日報を手書きしている為、無駄な作業時間が発生し、また手書きミスによる間違いがある

導入効果

  • 停止要因をつかむ事ができた為、対策がうてる様になり、稼動率及び生産性がアップした
  • 事務所のパソコンを見るだけで生産進捗状況が一目でわかり、営業に対する納期回答が即座にできる様になった
  • 設備から生産実績を自動収集できた事により、手書き日報廃止・正確な実績収集を実現し、無駄な作業時間を排除する事ができた

システム構成


このページのトップへ