ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > 生産・製造管理システム > 部品成型支援システム


部品成型支援システム

部品成型支援システム

来非常に時間の掛かっていた、複雑な部品の組み合わせと重量等の計算が瞬時に且つ誰でも可能になりました。

課題

  • 手書きにより積層(部材の組替)指示を作成している為、人と膨大な時間が必要。
  • 日報等を手書きしている為に、無駄な時間を費やし、また手書きミスが多い。
  • 紙により指示書を配布している為、指示が遅れ紙が散乱している。

導入効果

  • 積層指示自動作成により、半分以上の時間短縮(20分=>7分に短縮)が計れた。
  • 自動日報作成実現により、無駄な時間が排除された。
  • トレサビリティーの実現により、ロット追跡が可能になった。
  • 電子化・ペーパーレス化により、迅速で正確な指示を現場へ通達する事が可能になった。

システム構成例


このページのトップへ