ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > センサー応用システム > 静的形状寸法測定装置


静的形状寸法測定装置

静的形状寸法測定装置

レーザーセンサーを用いて、圧延した銅板の歪みを0.01mmの精度で計測!

概要

  • 計測結果データから、Excelで圧延鋼板の静的形状グラフを作成、表示。
  • 0.01㎜の計測精度を出すため、定盤の上で計測。
  • 基準距離として定盤面を計測させてゼロを決め、ワーク計測時は、そのゼロからの差を求めることで定盤との補正。

導入効果

  • 検査内容が大幅に充実。
  • 製品の品質が大幅に向上。

システム概要

外観図

計測対象

銅、真鍮の圧延後の形状計測
幅300〜750㎜ 長さ1,000㎜

計測仕様

計測ピッチ:1㎜×1㎜から任意
計測精度:0.05㎜(分解能0.01㎜)
計測時間:幅500㎜で10×10㎜ピッチで約30分

計測結果表示例


このページのトップへ