ホーム > 事業のご紹介 > システム開発事業 > センサー応用システム > 部品特性検査装置


部品特性検査装置

部品特性検査装置

スイッチの出荷検査用の測定機で1回の測定で検査項目を全てを同時に検査する!

概要

  • ワークを検査治具にセットして、端子を接続する。
  • スタートスイッチを押すと接触抵抗、動作/復帰位置、動作/復帰荷重を計測。
  • 平均、標準偏差等の管理項目を計算。
  • 接触抵抗-荷重特性グラフ作成。

導入効果

  • 一度で全ての項目が検査できるので、効率があがった。
  • データが自動で入るので、転記する手間と間違えが無くなった。
  • 測定結果をCSVファイルで出力するので、データ集計が簡単になった。

システム概要

システム構成図

機能
  • 測定項目:操作位置(OP,MD)、動作範囲(FP,OT)、操作荷重(OF,RF) 、接触抵抗(NO,NC)
  • アクチュエータ:ステッピングモータによる送り、マグネスケールで位置計測
  • 荷重:Uゲージ使用
  • 接触抵抗:電圧降下法又は接触抵抗計
  • 対応機種:生産している全ての機種に治具を交換する事で対応可能

※ 測定結果はCSVファイルで出力。グラフはExcelを使用。


このページのトップへ